ちゃぶ台選びのコツ|日本生まれのおしゃれな家具

内観

狭い部屋におすすめ

和室

狭い部屋を広く見せたい場合には、なるべく背の低い家具を選ぶようにするのがおすすめです。背の低い家具は圧迫感を与えることがありませんので、狭い部屋でも開放感のある印象を与えることができます。そのため、背の高い家具の方が多いという方は試しに背の低い家具に変えてみるとよいのです。また、あまり大きなサイズの家具を選ぶのも避けたほうがよいと言えるでしょう。家具は部屋の広さに合わせてサイズを選ぶことが大切ですので、コンパクトなものを選ぶようにすると狭い部屋にもマッチしてくれます。例えば、コーヒーテーブルをちゃぶ台に変えるだけでも印象が大きく変わります。ちゃぶ台は昭和の時代に誕生した日本の家具であり、まだ椅子に座るよりも床に座ることの方が多かった時代のものです。そのため、背が低くコンパクトなサイズのものが多いのです。日本で誕生したものであるということから、小柄な日本人に合わせたサイズ感であるということで使い勝手のよさも魅力と言えます。最近ではやや大きめのサイズのものも出ており、狭い部屋だけでなく広い部屋にもちょうどよいものを見つけることができるでしょう。木製であることがほとんどで、シンプルなデザインからどんな部屋にも合わせやすいというのもちゃぶ台のよいポイントであると言えます。和風の部屋にあるアイテムという印象が強いのですが、洋風の部屋にも問題なく合わせることができます。ちゃぶ台はソファとの相性もよいので、洋風のインテリアで揃えている場合でも問題ないのです。